WebサーバをSargeにアップグレード / Another HTML-lint で100点のページ

WebサーバをSargeにアップグレード

最終更新時刻: 2008年11月07日

tDiary 1.5.7リリース / yum使ってみた

tDiary 1.5.7リリース

待望の新バージョンがリリースされました。ので、早速1.5.6のスナップショットから入れ替え。

まずはテストディレクトリtdiary2を用意してそこに1.5.7を解凍した。そして最低限動かすために必要なファイルをコピーしてきた。

cp tdiary/.htaccess tdiary2/
cp tdiary/tdiary.conf tdiary2/
cp tdiary/misc/style/rd/rd_style.rb tdiary2/tdiary/
cp tdiary/plugin/image_ex.rb tdiary2/plugin/
cp tdiary/theme/my tdiary2/theme/ -R

yum使ってみた

動作が重すぎ。でも便利。

最終更新時刻: 2008年11月07日

ボイスチャット

今日(5/7)は携帯を忘れました。メールは常にチェックしています。これだけだとタダの私信なのでボイスチャット使用感書きます。

最近は携帯電話の代わりにボイスチャットを使うことがあるんですが、これが結構便利。

MSN Messenger 6.2を使い、マイクとスピーカーをつなげば電話と同じように話すことができます。

もちろん、番号を入れるだけで通話ができる電話と違い、ボイスチャットの場合はPCを起動してメッセンジャーを起動して、相手がいることを確認してつなぐ・・・と手順はかなり面倒です。

ただ長電話をすることがわかっている場合や、お互いにメッセンジャーを起動している時間が長く時間帯も重なっている場合はとても有用です。

まず通話時間が長くなってもお金を気にしなくてもすみます。そして僕の場合はThinkPadのマイクを使うか、ヘッドセットで話すのでハンズフリーなんです。

これは重要なことで、たとえばインターネットで調べものをしながら打ち合わせたり、情報交換することができます。また、「このホームページ見て」といってメッセンジャーでURLを送るのも簡単です。普通の電話みたく「エイチティーティーピー・・・」と口で言ったりする必要がありません。

最終更新時刻: 2006年10月04日

キーボードランチャ「CraftLaunch」を使ってみた

これは愛用ツールのひとつになりそうな予感。

CraftLaunchのサポートページ

最終更新時刻: 2008年10月09日

インターネットで見る番組表

最近どこのポータルサイトでも番組表サービスを提供してるし、ONTVのような番組表専門のサイトもある。各サイトそれぞれに特徴があってどれを使うか迷うところ。

CS放送(スカパー)対応

地上波・BSのみ

最終更新時刻: 2008年11月13日

Oracleセミナー第3回目に参加中 / MFCの勉強中(ダイアログベース) / [wish] Oracle 10g Development Kit

Oracleセミナー第3回目に参加中

今日は実際にOracle Database 10gのインストールを行う。

9iと一番違うのは「標準インストール」が用意されてるということ。パスワードと初期データベースを設定するだけでインストールが完了するので楽。「標準インストール」に対して「拡張インストール」が従来どおりのウィザード形式のインストール方法。

グローバルデータベース名とSIDについて理解できた。SIDはWindowsネットワークでいうところのコンピュータ名みたいなものか。分散環境で使うときに気をつけよう。

インストール後にブラウザの設定が出て、それがグラフィカルで綺麗だった。9iのときはなかったよなー、と思い講師の人に質問してみると、やはりこの機能は10gからで9iではJavaベースの設定ツールだったらしい。

OracleがWindowsでもLinuxでもGUIベースのインストーラになってることはしっていたけど、逆にCUIでインストールしたい場合はどうしたらいいのか気になったのでそれも講師の人に聞いてみた。するとインストール項目をあらかじめファイルに書いておき、そのとおりにインストールできる「サイレントインストール」で行えば可能とのことらしい。

Oracle使うためだけにX Window SystemとJava入れるのもなー、と思っていたのでこれは助かる。が、よく考えてみると設定ツールなどもGUIベースになっているので、現実的にはCUIだけでOracleを管理するのは余計な手間がかかりそうだ。

それからインストールについてOTN(Oracle Technology Network) Japanインストールセンターでは各バージョンごとのインストールドキュメントが用意されている。インストールの際の参考になると思う。

それにしても実際にインストールを行うマシンのスペックがPenIIの350MHzって(^^;

MFCの勉強中(ダイアログベース)

ダイアログをレイアウトしてコードを肉付けしていく。

言語にC++使ってるだけで、慣れてしまえばVBみたいなものかな。

Oracle 10g Development Kit

前回のセミナーでも紹介されてたんだけど、Oracle 10gを開発ライセンスで使える「10g Development Kit」はなんと2,980円で購入できる。買ってしまおうかな、と思わせる値段だ。これでグリッドも構築できるんだろうか。

最終更新時刻: 2008年10月20日

Excel 2000で行列入れ替え / Visio 2003 で以前のファイル形式で保存する / VNCSERVER 設定

Excel 2000で行列入れ替え

「形式を指定して貼り付け」で、「行列を入れ替える」にチェックを入れる。

Visio 2003 で以前のファイル形式で保存する

Visio 2003からファイル形式が変更されたため、以前のバージョンのVisio(2000/2002)で開くことができない。Visio2003で保存するときに以前のバージョンで保存することで解決できる。

[ツール]-[オプション]-[保存]の[ファイル形式]を「Visio2002図面」にして保存しなおす。

これでVSDファイルはもちろんVSSファイル(ステンシル)も以前のファイル形式で保存することができるようになる。

参考: Microsoft Visio 2003 の必要システム 「下位互換性に関する情報」より

Visio 2003 では、Unicodeに対応することによって、ハングル文字、アラビア文字などが混在する文書の作成が可能になりました。これに伴って Visio 2003 ではファイル形式が拡張されていますが、保存時に「Visio 2002/2000形式」を選択して保存することによって、Visio 2000 や Visio 2002 でも開くことができます。既定の保存形式を「Visio 2002/2000形式」に固定することもできますので、Visio 2003とVisio 2000/2002 が混在する環境でもファイルの互換性を保つことができます。なお、Visio 2003 はすべてのバージョンの Visio ファイルを開くことができます。

VNCSERVER 設定

Fedoraには標準でvncserverが入っていたので使ってみた。

起動スクリプトは/etc/init.d/vncserverなので、それを読むと設定ファイルが/etc/sysconfig/vncserverであることがわかる。そこにディスプレイ番号とユーザを書く

# /etc/sysconfig/
1:user

そしてそのユーザ権限でvncserverコマンドを実行してパスワードを設定する。あとはvncクライアントをダウンロードしてきてWindowsから接続すると無事接続できた。

ただ、標準でtwmが起動するので~/.vnc/xstartupの最後の行を書き換えてGnomeが起動するようにした。

# twm &
gnome-session &
最終更新時刻: 2008年09月01日

メールからの更新 / メールからの更新

メールからの更新

Posttdiaryテスト中

メールからの更新

 tDiaryはメールでも更新できるんだよん。

メールからの更新

Posttdiaryテスト中

最終更新時刻: 2008年10月11日

HDD新品交換 / [todo][wish] システム手帳

HDD新品交換

先月修理に出したMaxtorのHDDが新品交換で戻ってきました。

システム手帳

今のところフランクリンプランナーが第一候補。「ほぼ日手帳」というのも良かったが期間限定らしい。あ、あと名刺を整理しておくファイルも買わなきゃ。

フランクリンプランナーは名古屋ではロフトか東急ハンズで取り扱っているらしい。明日帰りがけに見に行こう。

最終更新時刻: 2008年11月06日

.com MASTER 受験予定 / システム手帳(2) / [book][wish] 詳解TCP/IP(Vol.1)プロトコル / [book][wish] マスタリングTCP/IP 入門編 / [book][wish] C for Linux 実践Linuxシステムプログラミング

.com MASTER 受験予定

5月31日まで受付中らしいので受けようか思案中。

受けるとしたら「.com Master ★★」または「.com Master ★★★」だろう。ダブルスターは今の知識で受かると思う。トリプルスターは今の知識だけでは難しそう。

試験を行う時期(7月)は忙しいのでそうそう時間も割けない。だが、どうせ受けるのならば上の資格を取っておきたい。受験料も高いし。

  • 「.com Master ★」8,000円(税込:8,400円)
  • 「.com Master ★★」10,000円(税込:10,500円)
  • 「.com Master ★★★」20,000円(税込:21,000円)

まだ公式テキストを立ち読みした程度の情報しかないのでじっくり調べてから決めよう。

ネットワーク系で実務に関わっていくわけじゃない自分にとって、やっぱりトリプルスターの2万円は高いと思う。

追記:というわけでダブルスターを申し込んできた。この際だからあやふやになってる部分をきちんと復習しておこうと思う。

システム手帳(2)

東急ハンズで実物を見てきた。ウィークリーかデイリーか、コンパクトサイズかポケットサイズかで悩んで結局買わなかった。だってスターターキット1万円もするんだもん。

それに就職してから手帳を使う機会があるのかどうかもわからない。まずは携帯のスケジューラとIBMの手帳(会社でもらった)を使ってみてから考えよう。

詳解TCP/IP(Vol.1)プロトコル

詳解TCP/IP〈Vol.1〉プロトコル(W.リチャード スティーヴンス/W.Richard Stevens/橘 康雄/井上 尚司)

どうせネットワークの勉強やるならきちんとやりたい。でもこの本だとちょっと重いかな。

マスタリングTCP/IP 入門編

マスタリングTCP/IP 入門編(竹下 隆史/村山 公保/荒井 透/苅田 幸雄)

これくらいがちょうどよさそう。

C for Linux 実践Linuxシステムプログラミング

C for Linux 実践Linuxシステムプログラミング(小俣 光之)

ついでなので今ほしい本を並べてみた。 この本の著者である小俣光行さんの別の著書で「C for UNIX―システムコールの基礎と応用」も実践的な内容で良かった。

C for UNIX―システムコールの基礎と応用(小俣 光之)

内容的に少しかぶってるけど一段落ついたら読みたい。

最終更新時刻: 2006年10月15日

九州へ / Pound 1.7 のソースを読む

九州へ

今日は鹿児島へ。

名古屋は台風一過で快晴。眼下の田圃が雨で光っていて、ここ最近のフライトで一番の景色だ。

というわけで今は機内。バスの到着から搭乗まで余裕が無かったのは反省点。空港に着いたのが15分前過ぎてて自動チェックイン機で受け付けてもらえず素で焦りました。

Pound 1.7 のソースを読む

旅先でPoundのソースをちょっと読む。configファイルのパースとスレッドの扱いについて調べるのが目的。

configファイルは正規表現関数でパースしてる模様。別途ライブラリを用意するのかと思ったらPOSIX準拠システムではregex.hを使えばいいらしい。

同じくスレッドについても/usr/includeを見てみるとpthread.hというインクルードファイルがある。これを使えばいいのかな。

最終更新時刻: 2008年10月28日

屋久島

屋久杉を見てきました。

最終更新時刻: 2008年11月19日

Solaris 9 for x86 をダウンロード中

メンバー登録(英語)を済ませていろいろダウンロード中。

最終更新時刻: 2008年09月01日

Oracleセミナー第4回目に参加中

おまけ扱いのMergeが便利そうだった。けど残念ながらPostgreSQLではまだ実装されていない。

最終更新時刻: 2008年11月11日

Pentium4 2.4GHzをいただいた

さて、どう使おう。

メインマシンのCPUはCeleronの2.8GHzなので入れ替える必要は無い。サーバー機(Terminator P4 533)のPen4 1.6GHzと載せかえるのが妥当なところ。

けどやっぱりもったいないなー。ちょうどLinuxのデスクトップ環境が欲しかったから一台組んでしまうのもいいかもしれない。そういえばマザーボードもあるし。

CD-ROMはメインマシンに2台DVD+-RWドライブがついてるからこれを一台流用するとして、 あと足りないパーツは、メモリとHDDとケース。

このスペックなら

  • テスト環境
  • ビデオサーバ

なんかに使えるだろうか。でもビデオサーバとしては大きすぎるし、テスト環境とは両立できない。もう少し検討が必要だ。

最終更新時刻: 2008年11月02日