フレームはなぜいけないのか?(2)

フレームは大抵の場合「やめておいたほうがいい」と答える。と書いたが、使ってるページもちょこちょこ作ったし、これからも使うかもしれない。あまりそういうことにこだわったページでなければ。どんなページでもフレームがだめ、ということはない。

今回はこだわる(お客さんの)ページなので使わない方向で推した。こだわる、というのは気心が知れてる人なので遠からず「フレームやめたいんだけど」といわれるだろうと思ったから。

最終更新時刻: 2008年10月30日

Mozilla系Webオーサリングソフト「Nvu」が正式リリース / 病気かも

Mozilla系Webオーサリングソフト「Nvu」が正式リリース

Mozilla系Webオーサリングソフト「Nvu」が正式リリース (MYCOM PC WEB)

後で試してみる。

病気かも

まず風邪の吹き出しができた。1日で消えたと思ったら喉が痛くなった。鼻水も出る。うーん、風邪の前兆でまくり。2,3日前から冷房つけたからそれが原因だな。

で、今日飲みに逝った。楽しいお酒だったのでいつも通りのペースで飲む。で、そのまま2軒目。グルルルルゥ、おう、腹が痛いよ。数回トイレに篭ったら汗もかいてすっきり。第3ラウンド開始!

と思ったが、それなりに体力を消耗したのでしばらく雑談して酔いをさましてから帰ってきた。

にもかかわらずこのメモを更新してる自分は「BLOG依存症」という病気かもしれないなと思った…(;・∀・)((-あ、Blogじゃなくてメモだから「メモ依存症」か。どっちでもいいや。-))

最終更新時刻: 2008年11月08日

図書館で勉強 7週目 / 東大で学んだ卒論の書き方★論文の書き方 / PostgreSQL 8.0.3 for Windows をインストール / Eclipse 3.1をインストール

図書館で勉強 7週目

図書館で勉強。せずに寝てしまった(1時間くらいだけど)。反省。

ただ、「C++の設計と進化」が借りれたのは僥倖だった。帰ってから読む。

C++の設計と進化(Bjarne Stroustrup/ビョーン ストラウストラップ/επιστημη/岩谷 宏)

PostgreSQL 8.0.3 for Windows をインストール

PostgreSQLをThinkPadにインストール。

先日インストールしたApache2+PHPとあわせて、今作ってるサイトのテスト環境ができた。

Eclipse 3.1をインストール

FrontPage - EclipseWiki

JAVAをやることになりそうなのでインストール。

最終更新時刻: 2008年11月04日

技術者にとっての「名選手必ずしも名監督ならず」 / ベッドライトが欲しい

技術者にとっての「名選手必ずしも名監督ならず」

野球における「名選手必ずしも名監督ならず」というのは、技術者にも当てはまるのではないかと思う。

今自分は選手だけど、監督としての視点も持っておきたい。もちろんまずは「名選手」となれるようにしつつ。

ベッドライトが欲しい

今現在ベッドライトとしてバイオライトを使用しているが、長年使っていたせいかアームの結合部分が壊れて首が垂れっぱなしになってしまった。

無理くり使ってたけど影ができて目に悪いので新しいのを購入予定。候補として、エグザーム フロアライトを検討中。

最終更新時刻: 2008年10月27日

サイトに対する考え

そのサイトにしかない、そのサイトだからできる。だからそのサイトを必要とする人がいる。だから作る。

そのサイト以上のサイトがあったら、あるいは新しくできたらそのサイトに誘導して自分のサイトは閉める。もちろん、まずはそのサイト以上になるようにする。真似されたらよりよい機能を実装するだろう。逆に言えば、それができなくなった時点でそのサイトの役割は終わる。

要約しすぎて誤解を招く表現だけど、自分でサイトを作るときはこんな感じで考えている。

では個人サイトはどうなのだ?たとえばこのメモは「そのサイトにしかない、そのサイトだからできる」のか。答えはもちろんイエスだ。だって自分が書くブログはこのサイトにしかない。少なくとも自分にとっては今はこのサイトしかないのだ。

仮に、複数日記を書いていても「自分には」それぞれが必要なサイトだ。もし自分すら必要としなくなったらそれは「そのサイトを必要とする人がいない」サイトなので閉めるだろう。

個人サイトや企業サイトも同じ。そのサイトはその個人、企業にとって「そのサイトにしかない、そのサイトだからできる」から必要。

が、サービス系のサイトは別だ。そのサイトの機能と情報をすべて兼ね備えたサイトがあったら「そのサイトにしかない」という点が失われる。

と酔った勢いで書いてるので前半と後半で別の観点になってしまった。ここのところ1日おきに飲んでる気が...

最終更新時刻: 2008年10月25日

digをインストール

mylab.jpのDNSサーバーに正引きを追加した。確認のためにnslookupを・・・と思ったが最近はdigを使えと書いてあるサイトが多いのでdigを使うことにする。

が、digはおろかnslookupすら入っていない。標準パッケージやbind9のパッケージには含まれないらしい。

apt-get install dnsutils

で入った。

最終更新時刻: 2008年08月15日

WindowsにPHP5をインストール

以下の環境にPHP5.0.4をインストールしたメモ。Apache2のmod_phpとして動かすための設定しかしていない。CLIとして使うための設定はなし。

  • Windows XP
  • Apache 2.0.54

大雑把な手順

  • php-5.0.4-Win32.zipを解凍。
  • php.iniをコピーして書き換える
  • pearを入れるためgo-pear.batを実行。
  • httpd.confを書き換える
最終更新時刻: 2008年12月22日

Googleローカル凄い / Google Maps 日本

Googleローカル凄い

今日も飲み会。今週4回目。肝臓がやられてしまう。

当日だけどお店探しをするためにまずはGoogleを開いてYahoo!を検索・・・しようと思ったらGoogleのトップページにこんなリンクが。

「New! 近所にあるお店やサービスを探したい? Google ローカルをおためしください

タイムリーに僕のニーズにベストマッチング。

早速「焼肉」と会社の場所をキーワードにすると、どこかで見たことのある地図が。え?これってGoogle Mapsでは!?いつのまに日本の地図サービス開始してたんだ。先日衛星写真が公開されたばっかりなのに。

しかも地図上にお店の場所がポイントされる(これはGoogle Mapsの機能)のがすごくわかりやすい。お店探しに最適だ。

さて、今日も飲むか・・・

Google Maps 日本

というわけで、GoogleローカルだけでなくGoogle マップももちろん日本の地図が表示されている。これはGoogle Maps ハックの新たな起爆剤になるんじゃないだろうか。というかハックしたい。

経路探索機能ができなかった。使い方が悪いのかまだ対応していないのか帰ったら再度使ってみる。

最終更新時刻: 2008年10月29日

鳥羽へ

いずれの写真もCONTAX SL300RT*で撮影。

鳥羽水族館よりジュゴン鳥羽水族館より綺麗な水槽

最終更新時刻: 2009年01月11日

自転車購入

新しい自転車を購入。今回はちょっと奮発して29800円のスポーツタイプにした。ただしカゴ付き。不恰好だけど用途が通勤用なので仕方ない。

通勤と日曜日の図書館までの移動が楽になるはず。

最終更新時刻: 2008年11月01日

サーバダウン / tDiary 2.1.2をインストール / プリントサーバ購入に伴ってハブと電源が必要になった / SDカードリーダーが欲しい / スキャナが欲しい

サーバダウン

今朝方ダウン。朝のうちに復旧。

tDiary 2.1.2をインストール

セキュリティアップデートの2.1.2をインストール。

いい加減、別ディレクトリにコピーしてインストールしなおす方法が面倒になったので、上書きアップデートを試した。今のところ問題なし。

いくつかのプラグインとスタイルをシンボリックリンクにしておく。

tb.rb -> misc/plugin/trackback/tb.rb
xmlrpc.rb -> misc/plugin/xmlrpc/xmlrpc.rb
tdiary/rd_style.rb -> ../misc/style/rd/rd_style.rb

プリントサーバ購入に伴ってハブと電源が必要になった

少し前にPLANEXのプリントサーバを購入した。特にこだわりはなかったので店頭で安かったやつを選択。

繋ごうと思ったらLANポートに空きが無い。それどころか電源タップにも空きが無い。百歩譲って電源はノートPC2台と他大量の電子機器がある自室だから仕方が無いとして、LANポートがないのはなんでだ?

よく考えてみた。以下LANが繋がっている機器

LAN側

- PSX - デスクトップPC - ThinkPad(無線LANアクセスポイント経由) - Inspiron 4100(ノートPC/有線) - 家族用PC2台(別室/有線)

DMZ側(ハブから分岐)

- サーバ2台

それらに対してネットワーク機器は

- ハブ2台(WAN用とDMZ用) - ルータ2台(DMZ用とLAN用) - 無線LANアクセスポイント1台

解決案

  1. LAN側用にハブを購入
  2. 家族用PCに無線LANカードをつける

2だとこれ以上必要になったときにどうせハブが必要になってしまうのでLAN用にハブを購入することにする。電源タップも。

SDカードリーダーが欲しい

CONTAX SL300RT*の転送速度の遅さに辟易してきたのでカードリーダーを購入する。

スキャナが欲しい

正確にはもらったまま放置してあるスキャナ(EPSON GT-5500WINS20050310#p02)を使いたいので、SCSIケーブルが欲しい。

SCSIインターフェースボードはあるが手持ちのケーブルではコネクタ形状が違った。

GT-5500シリーズ 仕様概要によると、コネクタ形状は「アンフェノール50ピンフル」らしい。これってかなり古いのでは?SCSIなんてPC-98のCバスの頃以来使ってないからよく覚えていない。

調べてみた

2番目のサイトによると

  • SCSI-1
  • Centronics 50
  • C50
  • セントロニクス 50
  • アンフェノール50ピン
  • アンフェノール

と呼ばれるものらしい。ちなみに「アンフェノール」はメーカーの名前。

変換アダプタを買うとしたらこれ。

サンワサプライ:AD-P50C【SCSI変換アダプタ】SCSIコネクタの形を変換。

追記:今外にいるのでコネクタを写メールしてもらった。アンフェノールには見えない...。

最終更新時刻: 2008年11月02日

CodeZine / クラス設計中

CodeZine

CodeZine:トップページ

目に付いた記事

  • TCP/IPを利用しているプロセス情報を視覚的に表示する
  • XMLHTTPRequestを利用したクライアント側の妥当性検証
  • MASM32によるアセンブラ入門:パート1
  • デスクバンドとInternet Explorerバーの実装

dellin's tDiary(2005-06-16)より

クラス設計中

安易に継承に逃げるのは悪い癖だと思った。

最終更新時刻: 2008年11月01日

風邪

朝から頭痛がしたので久しぶりに定時に帰宅。

熱を測ったら38.3度。自分の平熱を知らないから高いのか低いのかわからないが、結構きつい。

6時台に家に居るのは久しぶりなので、ネットサーフィンなり撮りためたドラマでも見ようと思ったがそんな余裕もない。というか濡れタオルを交換してると結構忙しい。冷えピタ欲しい。

最終更新時刻: 2008年11月02日

風邪(2) / 書式文字列 / C Magazine 2005年8月号 / Software Design 2005年8月

風邪(2)

濡れタオルのおかげか熱は大分下がったみたい。頭痛も少し残ってるけど出勤できるくらい。

書式文字列

或曰:2001年9月中旬

の、フォーマット文字列と可変長引数を受け取って文字列を生成するprintfみたいな関数を参考にログ出力関数を作った。参考にしたソースはこれ。

void
dprintf(char *format, ...)
{				/* } */
	va_list vl;
	char putbuf[1024];
	DWORD err;

	err = GetLastError();
	{
		va_start(vl, format);
		vsprintf(putbuf, format, vl);
		va_end(vl);
		OutputDebugString(putbuf);
	}
	SetLastError(err);
}

vsprintfは_vsnprintfに書き換えた。ただ、これだとバッファサイズが固定なのでちょっと困る。

で、MFCのCString::Formatがどう実装されているのか気になった。おそらく内部的には_vsnprintfに類する関数をコールしていると思われるが、バッファは大きめに固定でとっているのだろうか。

CString::Formatのソース(MFC/SRC/STREX.CPP)を見てみた。というか実際にはCString::Formatから呼ばれるCString::FormatVが本体。見てみると、バッファサイズは書式文字列をパースして生成後の文字列長を算出してバッファサイズを決定しているらしいということがわかった。

C Magazine 2005年8月号

毎月のことなので、特に何が読みたいということなく購入。

Software Design 2005年8月

「緊急レポート!最新ソフトウェア開発手法事情」が読みたくて久しぶりに購入。

最終更新時刻: 2008年10月24日


coLinux 0.6.2をインストール

インストーラを使ってc:\colinuxにインストール。

debianを使いたいのでDebian-20040605-mit.ext3.1610mb.bz2をダウンロードしてきて解凍。

起動につまずく。

C:\>c:\colinux\colinux-daemon.exe -c C:\debian\colinux.xml
Cooperative Linux Daemon, 0.6.2
Compiled on Sat Feb  5 10:19:28 2005

daemon: exit code 84a08401
daemon: error - CO_RC_ERROR_ERROR, line 33, file colinux/os/current/user/file.o
(37)

次のようにすると起動した。

C:\>cd c:\colinux
c:\>colinux-daemon.exe -c C:\debian\colinux.xml

XP標準のネットワークブリッジ機能を使ってネットワークに参加させる。

debianの設定が標準でDHCPになっていなかったので/etc/network/interfacesを書き換える

iface eth0 inet dhcp

が、なぜか動かない。dhcp-clientが入っていないらしい。

apt-get install dhcp-clientで解決。

参考にした/するサイト

最終更新時刻: 2008年11月04日

図書館で勉強

先週、先々週も書き忘れたが図書館へ行っていた。というわけで多分10回目くらい。

最終更新時刻: 2008年10月31日