[wish] 物欲リスト

  • デジカメ
  • 容量大き目のUSBメモリ
  • SHARP W-ZERO3

デジカメは、今持ってるやつ(CONTAX SL300R T*)が京都に行ったときに電池が切れて悲しいことになってしまったのと、画質に不満があったから。特に電池については、充電を行ったにもかかわらずすぐに切れてしまった。多分寿命だろう。

容量大き目のUSBメモリは、最近出先で仕事をすることが多くなってきたから。事務所を移動して、ThinkPadを使って作業することが多い。そういったときにデータをやり取りする手段として、USBメモリを使っているが、128MBと256MBタイプしか持っていないのでたまに不便。一応iPod(20GB)もあるけど手軽さに欠ける。予定しているのは1GBタイプ。

W-ZERO3は単に欲しいだけ。@freedの代わりとしてもちょっと期待。

最終更新時刻: 2008年10月22日

[book][buy] 組込みプレスを購入した / [buy]1GB USBメモリを購入した

組込みプレスを購入した

組込みプレス Vol.2 組込みシステムシリーズ [CD-ROM付](編集部)

Vol.1も購入して読んでないのに購入。

1GB USBメモリを購入した

ハキ゛ワラシスコム 1GB USBフラッシュメモリ Pure Masterシリーズ HUD-1GPMJ

今回の選択基準は容量と速度。

CD-Rを使わなくていいように、ということで512MBは却下して1GBタイプ。容量が大きいと転送も大変ということで、高速を謳っている商品を店頭で探した。

レビュー記事を見る限り、目的通りの製品を購入できたみたい。

超高速USBフラッシュメモリ「PureMaster」レポート

最終更新時刻: 2008年10月22日

ThinkPad X31とポータブルDVD MULTIドライブを使って、バスパワーでDVD+R DLを焼いてみるテスト / ThinkPad X31のHDDを交換 / [buy]Canon EOS Kiss デジタル N レンズセット購入

ThinkPad X31とポータブルDVD MULTIドライブを使って、バスパワーでDVD+R DLを焼いてみるテスト

友人がポータブルDVD MULTIドライブ(Panasonic LF-P867C)を購入したので試用させてもらった。

用意した機器

  • IBM ThinkPad X31
  • Panasonic LF-P867C
  • RICOH DVD+R DLディスク(2.4倍速対応)

ThinkPadはAC電源で稼動で、LF-P867Cを付属USBケーブル接続。2つのUSBポートから電源を取るコンバインケーブルは使用していない。

その状態で、B's Recorder Gold8 Securityを使って約8GB分のファイルをメディアに書き込み。40分ほどで無事書き込み完了。

追記:Windows 98のCDからブートが出来ることも確認した。

ThinkPad X31のHDDを交換

友人のThinkPadのHDD交換をした。

機材

  • HDD(HTS541080G9AT00)
  • CD-ROM Drive(Panasonic LF-P867C)
  • 2.5インチHDD外付けケース
  • Windows 98 Second EditionのCD-ROM
  • PowerQuest PartitionMagic 8.0

手順

  • 工場出荷状態に戻す作業を途中まで行う(CドライブをFAT32にするため)
  • 途中でF3で抜けて
mkdir c:\RECOVERY
copy a:\RECOVERY\fw*.exe c:\RECOVERY
fwbackup file=c:\imgset size=620
  • HDDをはずして2.5インチHDD外付けケースに入れる
  • 別PCにimgset.001〜005とRECOVERYを退避する
  • 新HDDを2.5インチHDD外付けケースに入れてフォーマットする(Winからやる方法が見つからなかったのでPartitoinMagicを使用)
  • 退避したファイルをコピーする
  • 新HDDをThinkPadに取り付ける
  • 外付けCD-ROMドライブからWindows98のCDを使って起動する
cd c:\RECOVERY
fwrestore.exe c:\imgset
  • ここまででD2D領域のバックアップとリストアが完了。あとやったのは
fdisk /mbr

以前自分のマシンでバックアップしたimgset.*をリストアするだけでも良かったかもしれないが、モデルや出荷時期によって中身に差がある可能性もあったので再度バックアップした。

あと、自分のマシンとほぼ同じモデルであるにも関わらず動作が遅かったので、BIOSのアップデートとかWindowsのカスタマイズをちょこっとやっておいた。

Canon EOS Kiss デジタル N レンズセット購入

B0007VRPYQ

自分にとって画質、性能的にはオーバースペック気味。

心配だったのは次の3点。

  • 大きさ
  • 電池の持ち
  • メンテナンス(レンズ交換の埃の付着とか)

大きさとメンテナンスについては一眼レフである以上しょうがない。

電池に関しては、単三電池が使えるアタッチメントがあった。

最終更新時刻: 2008年09月02日

翻訳メモリ

「翻訳メモリ」というものを教えてもらった。翻訳家さんが使うツールで、英文+訳文をセットとしてデータベースに蓄積しておくと、英文をキーとして類似する英文+訳文を返してくれるというシステムらしい。あとは訳文をちょっと手直しするだけでキーとなった英文の訳文が完成というわけ。(ちょっと聞いただけなので間違った認識してるかも)

で、気になったのは「類似する英文を検索するアルゴリズム」。ということで検索してみた。

近似文字列照合による全文検索のための接尾辞配列の高速走査法(pdf)

翻訳メモリのオープンソース実装。

OmegaT, the free translation memory tool

最終更新時刻: 2008年09月02日




iTunesに挑むオープンソースソフトウェア「Songbird」 / ANTLR

iTunesに挑むオープンソースソフトウェア「Songbird」

iTunesに挑むオープンソースソフトウェア「Songbird」 - CNET Japan

Songbirdnest.com | Songbird Media Player

iTunesを意識したオープンソースソフトウェア。「Firefoxウェブブラウザとほぼ同じオープンソース技術」を基盤にするらしいが、XULとかその辺りの技術のことだろうか?

記事を読む限り、今後が楽しみなプロジェクトだ。

ANTLR

ANTLR Parser Generator

字句解析器、構文解析器の生成ツール。

ANTLR自体はJavaで実装されているが、C++等のソースも作成できる。

最終更新時刻: 2008年07月21日

[buy][book] PostScriptリファレンスマニュアル第3版 / [wish][book] PDFリファレンス第2版―Adobe Portable Document Format Version 1.3

PostScriptリファレンスマニュアル第3版

PostScriptリファレンスマニュアル第3版 (ASCII電子出版シリーズ)(Adobe Systems/桑沢 清志)

通称「赤本」を購入した。

大体のことはサンプルとネットの情報で事足りるが、構文そのものを解説してる日本語のドキュメントが欲しかったので購入。こういうとき英語を読むのに難がなければ原著のPDFだけで済むんだけど。

一応、原著でわかる範囲は読んでおいたので、訳書で細かい点を確認する。

使う人にとっての記述は少ないが、実装する人には必読の本。

今年最後に習得する言語はPostScriptに決定。

PDFリファレンス第2版―Adobe Portable Document Format Version 1.3

PDFリファレンス第2版―Adobe Portable Document Format Version 1.3(アドビシステムズ/ドキュメントシステム)

PostScriptを理解したら、せっかくなので後継(?)フォーマットのPDFにも手を出してみたい。

この訳書はPDF1.3のリファレンスだが、現時点での最新バージョンはPDF1.6(from Acrobat 7.0)のはずなのでちょっと古い。原著は1.6にも対応してるので両方読むことになりそう。

最終更新時刻: 2008年11月09日