error_logを分割するスクリプト / アクセスログに残る奇妙なGETリクエスト

error_logを分割するスクリプト

error_log を分割するスクリプトをちょっとバージョンアップ。

#!/usr/bin/perl
# divlog.pl
#  : apache の error_log を分割する
$filename = shift(@ARGV);
print $filename . "\n";

%name2num = ("Jan" => "01",
             "Feb" => "02",
             "Mar" => "03",
             "Apr" => "04",
             "May" => "05",
             "Jun" => "06",
             "Jul" => "07",
             "Aug" => "08",
             "Sep" => "09",
             "Oct" => "10",
             "Nov" => "11",
             "Dec" => "12");

open(FILE, "<$filename") or die("file not found");
while(<FILE>) {
    $line = $_;
    if($line =~ /^\[\w{3} (\w{3}) (\d{2}) [^]]+(\d{4})\]/)  {
        $num = $name2num{$1};
        open(OUT, ">>$filename.$3$num$2");
        print OUT $line;
    }
}

結果はこんな感じ。

-rw-r--r--   1 root root    238787  2月  8 18:01 error_log.20070918
-rw-r--r--   1 root root    248720  2月  8 18:01 error_log.20070919
-rw-r--r--   1 root root    169194  2月  8 18:01 error_log.20070920
-rw-r--r--   1 root root    185087  2月  8 18:01 error_log.20070921
-rw-r--r--   1 root root    593624  2月  8 18:01 error_log.20070922
-rw-r--r--   1 root root    163200  2月  8 18:01 error_log.20070923
-rw-r--r--   1 root root    159878  2月  8 18:02 error_log.20070924

先日、「error_logを分割するスクリプトないかなー」とググって見つけたのが自分のブログだったという罠。正直、perlのハッシュの使い方とか忘れてたのでBlack Bookで再学習しますた。

アクセスログに残る奇妙なGETリクエスト

Apacheのアクセスログを眺めていたら変なGETリクエストが記録されていた。

access_logより抜粋
***.***.***.*** - - [18/Jan/2008:04:02:35 +0900] "GET http://www.yahoo.co.jp/ HTTP/1.1" 200 ...(以降省略)

このサーバはもちろんwww.yahoo.co.jpのサーバではない。

このログを再現するのは簡単で、たとえばこんな感じで再現できる。

$ telnet localhost 80
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.localdomain (127.0.0.1).
Escape character is '^]'.
GET http://www.yahoo.co.jp/ HTTP/1.1
Host: www.example.com

HTTP/1.1 200 OK
...以下省略...

自身でホストしていないドメイン名に対するアクセスにも関わらず、ステータスコードは200(正常)となってしまう。

原因は下記を読むとわかる。対策としてはVirtualHostの設定で弾くことはできる。が、この方法だとHost:ヘッダがないアクセスでもはじいてしまう。もっといい方法はないものだろうか。

要調査。

最終更新時刻: 2008年11月03日

ルータが壊れたので交換

自宅のメインルータが壊れた。症状としてはリンクが断続的に切れる。酷いときは数秒おきに切れたり繋がったりを繰り返す状態。

メインルータはNTT-ME BA8000Pro。日記によると2003年8月23日に購入している。

代替機として、linksys BEFSR41C-JPを使用することにした。

が、困ることが一点。現在、同機のACアダプタを無線LANアクセスポイント(WAP54G)に使用してしまっているため、ルータを使用すると今度は無線LANアクセスが出来なくなってしまうこと。

ACアダプタだけ注文できるのかどうか問い合わせを出すか、いっそ無線LANルータを新たに購入しようか検討中。

後、ルータが壊れて気づいたことが一つ。

ルータのHUB機能はソフトウェアが介在する(VLAN機能もあるルータだし)ため効率が悪いっぽい。ルータ側に繋がっている機器をHUBに繋ぎかえたほうがLAN内通信は効率が良いのでは。というわけでそうした。

最終更新時刻: 2008年10月03日


IT鎖国

最終更新時刻: 2008年06月08日