chromiumのソースを読む

ここ数日chromiumのソースを一部読んでる。

  • WinHTTPのサンプルコードとして最適だった…んだけど先日WinHTTPをやめて独自コードに移行した。
  • netモジュールだけでも流用できそう。
  • 最近_beginthreadexをやめてCreateThread APIを使うように変更された。(速度向上のため?)

今から読み始めるなら、ソースをゲットしてきてdepot_toolsを使ってgclient syncすれば最新のコードになる。

最終更新時刻: 2009年01月15日

xyzzyで辞書引き設定

下記URLから辞書ファイルをダウンロードする。

上記2ファイルを適当なディレクトリへ解凍する。

解凍したディレクトリで%XYZZYHOME%\etc\gendic.exeを実行する。

生成された辞書ファイル(xyzzy*)を適当なディレクトリに移動する。

xyzzyのメニューから「ツール」-「共通設定」-「ディレクトリ」を選択して辞書のディレクトリを設定する。

以上で設定は完了。

使うときは「ツール」-「辞書」-「辞書引きモード」を選択する。

最終更新時刻: 2009年01月26日

Thrift vs. Protocol Buffers / ファイル選択ダイアログで落ちる(8)

Thrift vs. Protocol Buffers

http://stuartsierra.com/2008/07/10/thrift-vs-protocol-buffers

RPCインターフェースを含んでいるので、すぐ始められそうなのがThrift。

http://d.hatena.ne.jp/JiaLu/20080710/1215675696

Thrift自体についてはサイボウズの方が書かれた記事がわかりやすい。

http://cydn.cybozu.co.jp/2007/06/thrift.html

ファイル選択ダイアログで落ちる(8)

2005年に書いた記事のその後。

自分のコードのせいではないとわかったのでもう追っかけてなかったが、まだ影響があるらしい。

最終更新時刻: 2009年02月03日