Xenとbondingではまる。

いつも通りbonding(active-backup)させたのにprimaryを断線しても切り替わらない現象が発生。

原因はXenで、/etc/xen/xend-config.sxpを下記のように変更して再起動したら直った。

(network-script 'network-bridge-bonding bridge=xenbr0 netdev=bond0')
最終更新時刻: 2010年06月09日

dddav 0.0.13.4リリース

http://www.mylab.jp/program/dddav/

機能追加

  • マスターパスワードに対応。パスワードの暗号化にAESを使用するように変更。

マスターパスワードとAES暗号化保存についてはFFFTPの実装を参考にさせて頂きました。

最終更新時刻: 2010年06月15日

dddav 0.0.14.0リリース

http://www.mylab.jp/program/dddav/

いくつかの不具合修正と、LFS(Large File Support)の追加です。

また、転送速度が改善されています。

手元の環境では前バージョン比でおよそ倍の速度が出ました。

※ LFSについて

LFSについてはサーバ側がサポートしている必要があります。 Apache 2.2.15(on CentOS5)でアップロード/ダウンロード/ファイル一覧取得できることを確認しました。 Apache 2.0.63(on CentOS5)ではいずれも失敗することを確認しました。 ファイル一覧については、ディレクトリ内に2GBを超えるファイルが存在する場合に一覧の取得に失敗しました。

  • 機能追加
    • LFS(Large File Support)の追加。2GBを超えるファイルのアップロード/ダウンロードに対応しました。
  • 仕様変更
    • 転送速度を改善。
  • 不具合修正
    • ファイルサイズが2GBを超える場合にマイナス表示となっていた不具合を修正しました。
    • ファイル転送中にコピー/移動を行った場合に異常終了していた不具合を修正しました。
    • マスターパスワードの入力に失敗した場合に、プロキシのパスワードが保存されない不具合を修正しました。
最終更新時刻: 2010年06月23日

dddav 0.0.16.0リリース

http://www.mylab.jp/program/dddav/

0.0.15.0もリリースしてたけどこっちには書いてなかった。

0.0.16.0(2010-06-23)

  • 機能追加
    • OLEドラッグ&ドロップに対応
  • 不具合修正
    • ダブルクリックでリモートファイルを開いたときの一時ファイルが削除されない不具合を修正

0.0.15.0(2010-06-17)

  • 機能追加
    • 各メソッドの発行毎に成功/失敗ログの出力に対応
  • 不具合修正
    • リモートサーバのファイルサイズが2GBを超えた場合に不正な値を表示していた不具合を修正。

OLEドラッグ&ドロップは前からやりたかったけど意外と情報が少なかった。

正確に言うとOLEドラッグ&ドロップ自体の情報はあるけど、ドロップ時にファイルを生成処理(ダウンロードや解凍)して、且つUIをフリーズさせないための情報が少ない。

よく見てみると他のアプリでも案外ちゃんと実装できてるのって少ない。

最終更新時刻: 2010年06月23日