Subversionのインストール

元々導入されているSubversionがあればアンインストール

# rpm -e subversion

ライブラリとSubversion本体をインストール。

# yum install neon-devel
# cd /usr/local/src/
# wget http://www.sqlite.org/sqlite-amalgamation-3.6.13.tar.gz
# wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.6.15.tar.gz
# tar xvfz subversion-1.6.15.tar.gz
# tar xvfz sqlite-amalgamation-3.6.13.tar.gz
# mkdir subversion-1.6.15/sqlite-amalgamation
# cp -a sqlite-3.6.13/sqlite3.c subversion-1.6.15/sqlite-amalgamation/sqlite3.c
# cd subversion-1.6.15
# ./configure --with-ssl
# make
# make install

opensslが要求される場合もあったような。

今回のサーバはどちらもインストール済みだからsqliteのみ追加でインストール。

最終更新時刻: 2011年03月31日