chrome16の文字化け

特にFacebookでの文字化けが気になるChorme(およびChromium)の文字化けがChrome17に向けて修正が入るらしい。

https://groups.google.com/a/googleproductforums.com/forum/#!topic/chrome-ja/xOEErwc4f2c

意外にもエンコーディングの問題ではなく、フォントレンダリングの問題のようで、スケールを変更すれば文字化けにならない。

が、問題が特定されたらしく次バージョンでは修正されるらしい。

最終更新時刻: 2012年02月01日

dddav 1.0 リリース

NTLM認証対応とか、SSL証明書の検証対応とか。

http://www.mylab.jp/program/dddav/

次のリリースはクライアント証明書対応の予定。

最終更新時刻: 2012年02月06日

dddav 1.1リリース

クライアント証明書に対応した1.1をリリースしました。

また1.0リリース記念ということで公式ページをリニューアルするとともに、Facebookページも作ってみました。

「いいね!」してもらえるとモチベーションが上がります。

http://www.mylab.jp/program/dddav/

https://www.facebook.com/dddav

最終更新時刻: 2012年02月06日

IaaSの読み方

native speakerの方々は略さないらしい。これからはそうしよっと。

nativeの方々に聞いてみましたが、彼らに共通の答えは「アイ・エィ・エィ・エス」で略さないぜ(キリッ という回答でした。

via http://giolog.iij.ad.jp/2012/01/12/5334/

最終更新時刻: 2012年02月07日

logrotateのテスト

強制実行

# logrotate -f /etc/logrotate.d/syslog

デバッグモード

# logrotate -d /etc/logrotate.d/syslog
最終更新時刻: 2012年02月07日

LVMパーティションの作り方

300GBの物理ディスク(/dev/sda)に250GBの論理容量を持つext3パーティションを作成する。

50GBはスナップショット用に確保しておく。(多いけど)

という仮定。

LVMパーティションを初期化

# fdisk /dev/sda
※ 以下【キー入力】で示します。
Command (m for help): 【n】
Command action
   e   extended
   p   primary partition (1-4)
【p】
Partition number (1-4): 【1】
First cylinder (1-39162, default 1): 【ENTERキー】
Using default value 1
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (1-39162, default 39162): 【ENTERキー】
Using default value 39162
Command (m for help): 【t】
Hex code (type L to list codes): 【8e】
Command (m for help): 【w】
The partition table has been altered!

パーティションテーブルを反映

# partprobe

PVを作成

# pvcreate /dev/sda1

PVを確認

# pvdisplay -C
# pvdisplay /dev/sda1

VGを作成

# vgcreate -s 32m datavg /dev/sda1

VGを確認

# vgdisplay -C
# vgdisplay datavg

LVを作成

# lvcreate -L 250G -n data_lv datavg

LVを確認

# lvdisplay -C
# lvdisplay /dev/datavg/data_lv

ファイルシステムを作成

# mkfs.ext3 /dev/datavg/data_lv

起動時に自動でfsckが走らないよう設定

# tune2fs -c -1 -i 0 /dev/datavg/data_lv

マウントして確認

# mount /dev/datavg/data_lv /data

アンマウント

# umount /data

/etc/fstabに下記を追記

/dev/datavg/data_lv   /data   ext3   defaults   1 2

/etc/fstabの設定通りマウント

# mount -a
最終更新時刻: 2012年02月07日

ペンタブ欲しい

iPadなくてもこれとノートパソコンあれば自分は満足な気がする。

http://www.amazon.co.jp/dp/B005PKPK46

最終更新時刻: 2012年02月08日

LVMのイメージ図

LVMのイメージ図

青字は作成時のコマンドで、緑の字は何対何の関係になるかと、比較演算子はどちらが大きくなるか。

各用語については下記の通り

  • LVM(Logicl Volume Manager)
  • PV(Phygical Volume)
  • VG(Volume Group)
  • LV(Logical Volume)
  • PE(Physical Extent)
最終更新時刻: 2012年02月08日

クラウド化のイメージ

イラストを勉強中。

画像の説明

最終更新時刻: 2012年02月09日

クラウド化のイメージ2

手直ししてみた。

クラウド化のイメージ

最終更新時刻: 2012年02月12日

インフォグラフィック

http://webya.opdsgn.com/introduceweb/infographicsspecialistroundup/

情報を視覚化するデザインのことを「インフォグラフィック」というらしい。

自分が描きたかったのはこれだ。

という訳で真似てみた。

画像の説明

最終更新時刻: 2012年02月21日

rsyncで圧縮転送すると遅くなる

もちろん回線やCPUにもよるが、圧縮転送すると1/3程度の速度になった。

具体的には今まで下記のようにやっていたが、

rsync -avz --delete local remote

下記のように-zオプションを外すことで3倍速くなった

rsync -av --delete local remote

HP DL380G5クラスのスペックのサーバ上のVM(2コア)間でGbeもしくは40Mbpsクラスの回線いずれの場合においても遅くなることが確認できた。

最終更新時刻: 2012年02月22日

世代管理しつつSubversionリポジトリをバックアップ

/usr/local/bin/svnadmin dump /var/svn/ | gzip > "/var/backup/svnrepos."`expr \`date +%j\` % 3`".gz"

以下解説

/usr/local/bin/svnadmin dump /var/svn | gzip

/var/svnのリポジトリを対象にダンプしつつ、gzip圧縮。

> "/var/backup/svnrepos."`expr \`date +%j\` % 3`".gz"

バックアップ先ディレクトリとして/var/backupを指定。

「date +%j」で算出した年間通算日数を世代数「3」で割った余りをファイル名に連結。

日毎に勝手に0~2の数字が順番についていくので3世代のバックアップとなる。

年をまたぐときには正常に動かないので、その点だけ許容できるのであれば。

最終更新時刻: 2012年02月29日