CartoDBのインストールではまったポイント

基本的には下記インストールマニュアルに書いてある通りに進んでいけばいいんだけど、いくつかはまるポイントがある。

http://cartodb.readthedocs.org/en/latest/install.html

まず初めにapt-get updateしておく。これをしないと最初のapt-getで失敗する。

sudo apt-get update

次に、要所要所でsudoで実行するにあたって、rubyやgemのパスが通ってなくてエラーとなる場合がある。これはsudoの基本設定がPATHを引き継がない設定になっているため。visudoを実行し、/etc/sudoersファイルを下記のように書き換えておく。

#Defaults       env_reset
#Defaults       secure_path="/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin:$
Defaults        env_keep += "PATH CPLUS_INCLUDE_PATH C_INCLUDE_PATH"

次に、nodeをインストール(sudo apt-get install nodejs)した直後に、npmをアップデートしておかないと、以降のnpmコマンドで失敗する。

sudo npm install npm -g

途中、rake db:migrateする箇所では、先にdb:createしないと失敗する。また、db:setup_userも失敗するが、こちらは失敗しても問題ないので飛ばす。

RAILS_ENV=development bundle exec rake db:create

また同じくPostgreSQLのインストールチェック(下記コマンド)も失敗するが気にしないことにした。

sudo PGUSER=postgres make installcheck # to run tests

一通りインストールが終わったあと、CartoDB-SQL-APIの設定ファイル(CartoDB-SQL-API/config/environments/development.js)を下記のように書き換える。

module.exports.node_host    = '';

同じくWindshaft-cartodbの設定ファイル(Windshaft-cartodb/config/environments/development.js)の最初の方を書き換える。

,host: ''

この2つの設定ファイル書き換えをしておかないと、CartoDB Editorは起動するけどエラーでデータ表示ができないので注意。

それから、CartoDB Editorの設定ファイル(cartodb/config/app_config.yml)のうち、「localhost.lan」となっている箇所をひとまずサーバのIPアドレスに変更する。

これもやっておかないと同じくエラーでデータ表示できない。

更にサブドメインレス運用するために下記も書き換える。

subdomainless_urls: true

最後に、起動コマンドは下記のように標準出力と標準エラー出力を/dev/nullに出力したうえで、バックグラウンド実行させるようにすると良い。

cd ~/cartodb
bundle exec script/resque > /dev/null 2>&1 &
bundle exec thin start --threaded -p 3000 --threadpool-size 5 > /dev/null 2>&1 &
cd ../CartoDB-SQL-API/
node app.js development >/dev/null 2>&1 &
cd ../Windshaft-cartodb/
node app.js development >/dev/null 2>&1 &

以上、ざっとはまりそうな箇所でした。

最終更新時刻: 2016年05月30日

ブログを始めた理由とtDiaryを使って得たもの

本日(2016.4.23)はこのブログで2003年から現在まで使っている日記システム「tDiary」の15周年記念パーティに参加しました。

http://eventdots.jp/event/580813

自己紹介も兼ねてLTしました。発表資料は下記です。このブログで先日書いたbootstrapに関する内容を話しました。

http://bit.ly/tdiary15th

この機会に、私がブログを書くことになった理由と、tDiaryを使うことで得たものを書き留めておきたいと思います。

当時、就職を考えていた私は以下の理由からブログを書くことを決めました。

  • 文章力の向上
  • 自己アピール
  • 技術情報のメモ

まず「文章力の向上」。これは会社に入ったら必要になるであろう文章力を磨くためには普段から人に見られる文章を書くことが最善であると考えました。文章力については現在も課題です。。。

次に「自己アピール」。就職先の企業の方が読んでくれるかもしれない。当時大手への就職をあまり考えておらず、実際ベンチャーに入った際には社長が私のブログを読んで頂いたようです。決め手になったかどうかはわかりませんが、アピールの一つとなったのだと思います。

最後に「技術情報のメモ」。当時からインフラ構築やコードを書いたりしていたのですが、その情報を書き留めて後から参照したいと思っていました。実際、「あーこれどうやるんだっけ」とググった際に昔自分が書いた記事が出てきて「当時の自分グッジョブ!」となったりします。

そして、当時は想定していなかったけれど、tDiaryを使ったことで貴重な経験ができました。

それは「オープンソースコミュニティへの参加」という経験です。

例えば不具合と思われる内容があったら、コミュニティのメーリングリストで相談するとそれに対してレスポンスがもらえて、そのまま不具合が修正される。欲しいプラグインがあったら自分でコードを書いてGitHubでプルリクエストを出して本体に取り込んでもらう。というやり取りは私にとってtDiaryが初めてでした。

以上が、ブログを始めた理由と、tDiaryを使うことによって得たもの(経験)です。

最終更新時刻: 2016年04月24日