システム=道具

投稿日: 2006年01月21月

「システム」というとどうも曖昧なイメージです。システム屋が開発する「システム」というものの実態はPCとネットーワークで構成されているだけで、それは目的を為すための「道具」であると僕は考えています。

つまりシステムエンジニアやプログラマーの仕事は、相手が必要とする道具を発明する発明家と言えると思います。とはいえ毎度、相手に合わせてカスタマイズしたものを開発していてはコストがかかって仕方がありません。なので状況によっては既存の道具を組み合わせて提供する、道具屋さんみたいなこともします。

名前:宮内 はじめ

Code for Nagoya名誉代表

E2D3名古屋支部長

プログラマーです。GISやデータビズが好きです。このサイトは宮内の個人的なメモです。

プロフィール

お問い合わせ