PostgreSQL 9.0.3をインストール

投稿日: 2011年05月08月 更新日: 2017年07月22月

CentOS 5.6(on さくらVPS)にPostgreSQL 9.0.3をインストールした。

# tar xvfz postgresql-9.0.3.tar.gz
# cd postgresql-9.0.3
# ./configure

起動スクリプトをコピーする。

# cp contrib/start-scripts/linux /etc/init.d/postgresql

起動スクリプトを書き換える。

#PGDATA="/usr/local/pgsql/data"
PGDATA="/var/pgsql/data"

起動スクリプトに実行権限をつけて自動起動するように登録する。

# chmod 755 /etc/init.d/postgresql
# chkconfig --add postgresql

起動ユーザ/グループを作成する。

# groupadd postgres
# useradd -g postgres -d /var/pgsql postgres

postgresユーザでデータベースを初期化する。

# su - postgres
$ mkdir /var/pgsql/data
$ /usr/local/pgsql/bin/initdb -D /var/pgsql/data -E UNICODE --no-locale

ここまででサービスの起動が可能となるため、rootユーザで起動させてみる。

# /etc/init.d/postgresql start

再度postgresユーザに変更。.bash_profileに環境変数の初期化処理を追記する。

export PATH="$PATH":/usr/local/pgsql/bin
export POSTGRES_HOME=/usr/local/pgsql
export PGLIB=$POSTGRES_HOME/lib
export PGDATA=/var/pgsql/data
export MANPATH="$MANPATH":$POSTGRES_HOME/man
export LD_LIBRARY_PATH="$LD_LIBRARY_PATH":"$PGLIB"

確認を実施する。

$ psql -l
                              List of databases
   Name    |  Owner   | Encoding | Collation | Ctype |   Access privileges
-----------+----------+----------+-----------+-------+-----------------------
 postgres  | postgres | UTF8     | C         | C     |
 template0 | postgres | UTF8     | C         | C     | =c/postgres          +
           |          |          |           |       | postgres=CTc/postgres
 template1 | postgres | UTF8     | C         | C     | =c/postgres          +
           |          |          |           |       | postgres=CTc/postgres
(3 rows)

以上で完了。

名前:宮内 はじめ

Code for Nagoya名誉代表

E2D3名古屋支部長

プログラマーです。GISやデータビズが好きです。このサイトは宮内の個人的なメモです。

プロフィール

お問い合わせ