Bonzai Linuxインストール(3) / NFSの設定 / QuickML / バックアップ媒体(DVD-RAM) / NFSの設定(2)

投稿日: 2004年01月09月

Bonzai Linuxインストール(3)

無事インストールできたがNIC(PLANEX FW-110TX-PK)を認識しない。modconfで8139tooを組み込んで解決した。

apt-setupでsource.listを作ってapt-get upgradeで最新の環境にした。

NFSの設定

  • インストール時カーネルコンフィギュレーションでnfsdをチェック
  • apt-get install nfs-kernel-server

参考になりそうなサイト * Debian GNU/Linux 3.0 のインストール * ディスクレスクラスタの構築 * NFS & autofs * Diskless Linux

最近のNFSはrpc.lockdが不要で必要なサービスはrpc.mountd、rpc.nfsd、portmapらしい

Red Hat Linux 7.2: オフィシャル Red Hat Linuxリファレンスガイドより

最近といってもこの資料もちょっと古め

QuickML

バックアップ媒体(DVD-RAM)

個人マシンのデータをバックアップしたい。数年分のメールデータとか、仕事のデータとか。デジカメで撮った写真データとか。

容量的にはCD-R等の640MBでも十分だが、フロッピーの1.4MBでは小さいし保管が難しい。

CD-RやRW、DVD+-R/RWは定期的なバックアップには向かない。

やはり書き換え/保管の容易なMOやDVD-RAMが適当だ。

今なら値段的にDVD-RAMがお得。買っちゃおうかなー。

WPC ARENA / 全DVDに対応、日立LG製DVDマルチプラスドライブが1万2999円!

でも去年の春にDVD+-R/RWドライブ買ったばっかりなんだよね・・・

NFSの設定(2)

試しにマウントしてみる。

サーバ(192.168.1.2)の設定

エクスポートディレクトリを設定

# /etc/exports
/var/nfs      192.168.1.3(rw,no_root_squash)

エクスポートテーブルを更新

exportfs -a

portmapを許可

# /etc/hosts.deny
ALL: ALL

# /etc/hosts.allow
portmap: 192.168.1.3
mountd: 192.168.1.3
# lockd,statdもいるのかな?要調査

まだiptablesを設定していないので以上の設定で完了。

クライアント(192.168.1.3)の設定

マウントする

mount -t nfs 192.168.1.2:/var/nfs /var/nfs

しかしiptablesで弾かれた、抜粋すると

SRC=192.168.1.2 DST=192.168.1.3 PROTO=TCP SPT=111 DPT=694 ACK SYN 

あて先ポート(DPT)は接続のたびに変化する。ACKとSYNが立っているので接続済みパケットだからACCEPTしてるはずだけど・・・と思ったが、

iptables -A INPUT -p tcp --dport 1024:65535 \
 -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
iptables -A INPUT -p udp --dport 1024:65535 \
 -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT

1024未満のポートは許可していなかった。しかしそもそもなんで予約ポート中を使うのか。

とりあえずホストを指定して、すべての接続済みパケットを通すルールを追加した

iptables -A INPUT -s 192.168.1.2 \
 -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT

無事にマウントできたが釈然としない。

名前:宮内 はじめ

Code for Nagoya名誉代表

E2D3名古屋支部長

プログラマーです。GISやデータビズが好きです。このサイトは宮内の個人的なメモです。

プロフィール

お問い合わせ