著者

投稿日: 2017年07月23日 更新日: 2020年07月24日

略歴

氏名:宮内 はじめ

ソフトウェアエンジニア。GISの開発、サーバ、ネットワーク等のインフラ構築、Webサイトの企画や構築運用などに従事。

地域課題をICTで解決する「Code for Nagoya」の発足以降、運営に携わりハッカソンやワークショップを開催。

データビジュアライズを手軽に楽しめるソフトウェアを提供しているコミュニティ、「E2D3」の名古屋支部長。

2017年からオープンソースの地理空間情報を支援する「OSGeo.JP」の運営委員。

講演テーマはシビックテック、オープンデータ、データビジュアライゼーション、GIS、情報学など。

委員歴

  • 2019年6月 Urban Data Challenge 2019 愛知ブロック コーディネーター
  • 2019年6月 Urban Data Challenge 2019 三重ブロック メンター
  • 2018年6月 OSGeo日本支部 理事
  • 2018年6月,2019年3月 Urban Data Challenge 2018 愛知ブロック コーディネーター
  • 2018年6月,2019年3月 Urban Data Challenge 2018 三重ブロック メンター
  • 2018年5月 NPO法人PostgreSQLユーザ会 正会員
  • 2017年9月 OSGeo日本支部 運営委員
  • 2017年6月,2018年3月 Urban Data Challenge 2017 愛知ブロック コーディネーター
  • 2016年6月,2017年3月 Urban Data Challenge 2016 愛知ブロック コーディネーター
  • 2014年11月 E2D3 メンバー
  • 2014年8月 Code for Nagoya 名誉代表
  • 2011年 東海ラジカルネットワーク世話人

大学講義

学会発表

  • 2017年10月 平成29年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会 特別講演 「シビックテックとオープンデータ 〜ICT/AIと市民共創の接点〜」

講演/発表/講師等

受賞

  • 2018年10月18日 統計データコンペティション2018 特別賞
  • 2017年3月26日 RESASアプリコンテスト さくらインターネット賞 作品名「土地スカウター」
  • 2017年2月25日 アーバンデータチャレンジ2016 銅賞 作品名「土地スカウター」
  • 2015年 MashupAward11 myThings賞 by ヤフー株式会社 作品名「スマート鳩時計」
  • 2014年 MashupAward10 SmartTech賞 作品名「くるくるクイズ」

論文

  • 2018年 新しいデータ可視化表現が自発的かつ継続的に開発されるシビックテック活動の設計: E2D3におけるアプリケーション・オープンソース・ハッカソンのデザイン https://www.ipsj.or.jp/dp/contents/publication/32/S0804-T03.html
  • 2018年10月 「日本の全市町村における人口の自然増減の分布と説明要因」
    • 著者: 小野恵子, 宮内はじめ, 白松俊, 河口信夫, 五十嵐康伸

寄稿記事

名前:宮内 はじめ

Code for Nagoya名誉代表

E2D3名古屋支部長

プログラマーです。GISやデータビズが好きです。このサイトは宮内の個人的なメモです。

プロフィール

お問い合わせ