一日ビデオカメラマン / ポートレートを撮るときの持ち物

投稿日: 2006年01月03月

一日ビデオカメラマン

今日はビデオカメラマンをやってきた。スチールカメラマンの方がいて、写真の撮影風景を撮影する。

始めてのビデオカメラだったが、結構楽しかった。あとでチェックしての反省点としては、メリハリの無さ。

チェックの時に客観的に見ていると

  • 今、もっと近寄って欲しい。
  • そろそろこの角度見飽きてきた。別の角度からも見たい。

と思うシーンがしばしば。撮影の邪魔になったらいけないというのもあったんだけど。もし次回があったらこの辺を気をつけたい。

ポートレートを撮るときの持ち物

今回は野外での撮影。カメラマンの方が使用していたのはこれらの道具。

  • Nikon D100
  • レフ版
  • グレーカード
  • ストロボ

レフ版は人物に反対方向から光を当てるため、グレーカードはホワイトバランスの調整に使用。

ストロボは日中シンクロで使用した。日中シンクロとはCDのジャケットとかでよく見かける写真で、逆光で人物の上斜め45度からストロボを発光して撮影する手法らしい(かなり大雑把)。液晶画面で見せてもらって感動した。

グレーカードを貸してもらってホワイトバランスを調整したところ、調整前と調整後でまったく色合いが違う。調整前は夕焼けなのに昼間みたいな写真。調整後は綺麗に夕焼けの色。ホワイトバランスは後からでもPhotoshopで調整できないことはないが、より自然。

とてもよい経験になりました。とりあえずグレーカードは買っとこう。

名前:宮内 はじめ

Code for Nagoya名誉代表

E2D3名古屋支部長

プログラマーです。GISやデータビズが好きです。このサイトは宮内の個人的なメモです。

プロフィール

お問い合わせ