realloc()の正しい使い方

投稿日: 2006年08月21月

a)正しくない使い方

char* buf;
buf = (char*)malloc(1024 * sizeof(char));
if(buf == NULL){
  return -1;
}

buf = (char*)realloc(buf, 2048 * sizeof(char));
if(buf == NULL){
  /* bufが解放されない */
  return -1;
}

b)正しい使い方

char* tmp;
char* buf;
buf = (char*)malloc(1024 * sizeof(char));
if(buf == NULL){
  return -1;
}

tmp = (char*)realloc(buf, 2048 * sizeof(char));
if(tmp == NULL){
  /* bufを解放 */
  free(buf);
  return -1;
}

buf = tmp;

確保する領域のポインタと、エラー判定するための戻り値のポインタが同じだとmallocした領域が解放できない。

最近はメモリが潤沢にあるせいかmalloc()、realloc()のエラー判定自体してないソースもよく見かける。

名前:宮内 はじめ

Code for Nagoya名誉代表

E2D3名古屋支部長

プログラマーです。GISやデータビズが好きです。このサイトは宮内の個人的なメモです。

プロフィール

お問い合わせ