WebKit

投稿日: 2007年11月30月

WebKitはオープンソースのWebブラウザエンジンで、主にSafariで使用されている。(WindowsではSwiftもある)

確かKHTMLからAppleが派生させたオープンソースプロジェクト。

公式サイト:The WebKit Open Source Project

最近ではAdobe AIRでも採用されている。

GIZMO Community : B-Wiki - AIR:デベロッパーFAQ

によると、AIRに搭載されているWebKitもソースが公開されているらしい。

Adobeが行ったWebKitへの修正はどこでダウンロードできますか?

Adobe AIR Alpha 1でWebKitに対して行った変更はこちらでダウンロードできます。

ちなみにここでは文書が古いためAlpha1となっているが、確認したところ最新のBeta2のソースも公開されているように思われる。

余談だが、Adobeがソース公開しているのはライセンスの関係もあるかもしれない。(WebKit自体はBSDライセンスだが、含まれるWebCore、JavaScriptCoreのライセンスがLGPL)

Open Source - Internet & Web - WebKit

WebCore and JavaScriptCore are available under the Lesser GNU Public License. WebKit is available under a BSD-style license.

閑話休題。

実際に「Adobe AIR Alpha 1でWebKitに対して行った変更はこちら」のリンクをたどると下記ページにジャンプする。

Adobe Open Source: Adobe Air

ソースはAdobeの他のオープンソースプロジェクトと同列にPerforceというSCM(バージョン管理システム)上で管理されているらしい。

ソースツリーはWeb上からも閲覧可能。

http://opensource.adobe.com/perforce/

Perforceおよびマニュアル等の入手先は下記に書いてある。(Perforceはプロプライエタリなツールだと思うんだけどなぜかフリーでダウンロード可能らしい)

Adobe Open Source: Obtaining ASL Via Perforce

自分はここから「P4V Installer」をダウンロードした。この中にはクライアントソフトウェア一式(GUI/CUIクライアント、Mergeツール、SCC Plug-in)が含まれる。

P4V Installerをインストールして、GUIクライアントの「P4V」を起動。接続パラメータは下記を参考にした。

amg: Getting Started

p4 -p opensource.adobe.com:10666 -u guest -P AdobeGuest client {nameofclient}

P4V上でWorkspaceを新規作成し、Depot(Subversion/CVSでいうところのリポジトリ?)からCheck Outを行う。

今のところ「webkit/M5」が最新っぽい。

名前:宮内 はじめ

Code for Nagoya名誉代表

E2D3名古屋支部長

プログラマーです。GISやデータビズが好きです。このサイトは宮内の個人的なメモです。

プロフィール

お問い合わせ