Thrift vs. Protocol Buffers / ファイル選択ダイアログで落ちる(8)

投稿日: 2009年01月30月

Thrift vs. Protocol Buffers

http://stuartsierra.com/2008/07/10/thrift-vs-protocol-buffers

RPCインターフェースを含んでいるので、すぐ始められそうなのがThrift。

http://d.hatena.ne.jp/JiaLu/20080710/1215675696

Thrift自体についてはサイボウズの方が書かれた記事がわかりやすい。

http://cydn.cybozu.co.jp/2007/06/thrift.html

ファイル選択ダイアログで落ちる(8)

2005年に書いた記事のその後。

自分のコードのせいではないとわかったのでもう追っかけてなかったが、まだ影響があるらしい。


この記事へのコメント

※ このコメントは旧ブログシステム(tDiary)からの移行です。

solisさんからのコメント(2009-01-30 16:51:12)

お久しぶりです。これいいですね。同じものを作ろうと思っていました(とはいえ、簡単にできないけれど)Google のGDATA APIには、Rubyのライブラリがないので、これを使ってみようと思います。

hajimeさんからのコメント(2009-02-03 15:25:10)

僕も作ろうと思ったらすでにあるよなぁ…と思って探して見つけましたよー。ぜひ使って感想を教えて下さい(笑)

名前:宮内 はじめ

Code for Nagoya名誉代表

E2D3名古屋支部長

プログラマーです。GISやデータビズが好きです。このサイトは宮内の個人的なメモです。

プロフィール

お問い合わせ