iモードでWebサービス / NTT DoCoMo DLP Service / Windows XP SP2日本語版を導入

投稿日: 2004年09月02月

iモードでWebサービス

Webサービスといってもたいしたことではなく、単にCHTMLに値をポストしてDBに放り込むだけ。専用端末を使うよりはるかに安価だ。

試しに出退勤ページでも作ってみよう。15分くらいでできそう。

NTT DoCoMo DLP Service

ドコモの位置情報〜DLPサービス〜

上のとは別の話でこれについて調べておく。

Windows XP SP2日本語版を導入

ThinkPad X31に出たばっかりのSP2を導入。DAEMON Toolsによるatapi.sysロックも最新版の修正のおかげで発生せず、無事インストール完了。

インストール後にWindowsセキュリティセンターが起動してウイルス対策ソフトウェアの状態が不明だといわれた。インストールされているソフトウェアには「Norton AntiVirus」が表示されている。実際インストールされているバージョンはNorton AntiVirus 2003で、先日延長キーを購入したばっかり。

最新版(2004)ではないがウイルス定義ファイルが更新されていればたいていのウイルスは検地してくれるんだろう、多分。でもどうやらSP2のWindowsセキュリティセンターはその辺関知していないらしく、「推奨される対策案」ボタンをクリックすると2つの対策案が示される。「ウイルス対策ソフトウェアが最新の状態に保たれいて、有効になっているか確認しろ」「別のウイルス対策ソフトをいれろ」。シマンテックにとっては失礼な話だ。

名前:宮内 はじめ

Code for Nagoya名誉代表

E2D3名古屋支部長

プログラマーです。GISやデータビズが好きです。このサイトは宮内の個人的なメモです。

プロフィール

お問い合わせ