既存のテーブルに列を追加するSQLコマンド / phpPgAdmin

投稿日: 2005年02月21月
更新日: 2017年07月22月

既存のテーブルに列を追加するSQLコマンド

既存のテーブルに新しく列を追加したい場合、Accessなら簡単なんだけどPostgreSQLなどでSQLコマンドを使う場合はALTER TABLEを使う。

PostgreSQL リファレンスマニュアルよりALTER TABLE

ALTER TABLE distributors ADD COLUMN address VARCHAR(30);

もし追加が困難である場合は、ちょっと乱暴だけど

  • データをエクスポート
  • DROP TABLEで一旦テーブルを削除
  • CREATE TABLEで列を追加した新しいテーブルを作成
  • データをインポート

するという手もある。

私信:もしあのテーブルに文字列型の列を追加するときはこれ使ってちょー。一瞬で済むならDROP TABLEしてからCREATE TABLEしても可。ただし失敗すると焦るよ。

phpPgAdmin

PostgreSQLのWeb用インターフェース。

phpPgAdminが開発初期のころに試しに使って、わずらわしくなってコマンドラインに戻った覚えがある。

それ以来WebインターフェースのDB管理にはなんとなく抵抗があったんだけど、その考えが変わったのはOracle10gのセミナーを受けたとき。Oracle10gはWebインターフェースからの管理が強化されていて効率的に作業が行えた。(ような気がする)

導入も簡単みたいだしコマンドラインで操作する作業の簡素化という目的で使う分には良い選択肢だと思う。

phpPgAdminの最新のスクリーンショットを見たら最初の頃に比べて洗練されてきた印象。また使ってみたくなった。

名前:宮内 はじめ

Code for Nagoya名誉代表

E2D3名古屋支部長

プログラマーです。GISやデータビズが好きです。このサイトは宮内の個人的なメモです。

プロフィール

お問い合わせ