tracをインストール / vpopmail環境でezmlm-idxのメーリングリストを作成するコマンド

投稿日: 2007年12月19月

tracをインストール

tracをインストールしてみた。OSはCentOS4.4。

まずはtracをダウンロードしてインストール。

# wget ftp://ftp.edgewall.com/pub/trac/trac-0.10.4.tar.gz
# tar xvfz trac-0.10.4.tar.gz
# cd trac-0.10.4
# python ./setup.py install

tracのサイトを構築。ドキュメントルートは[/var/www/www.example.com/htdocs/]と仮定。

# su - httpd
$ trac-admin /var/www/www.example.com/htdocs/tractest initenv
いくつか質問されるので適当に答える。今回SVNリポジトリは設定しなかった。

httpd.confに下記を追加。

Alias /trac "/usr/share/trac/htdocs/"
ScriptAlias /tractest /usr/share/trac/cgi-bin/trac.cgi
<Location "/tractest">
    SetEnv TRAC_ENV "/home/project/trac/tractest"
</Location> 

[http://www.example.com/tractest/]にアクセスすると下記エラーが出た。

Traceback (most recent call last):
  File "/usr/lib/python2.3/site-packages/trac/web/main.py", line 406, in dispatch_request
    dispatcher.dispatch(req)
  File "/usr/lib/python2.3/site-packages/trac/web/main.py", line 206, in dispatch
    req.hdf = HDFWrapper(loadpaths=chrome.get_all_templates_dirs())
  File "/usr/lib/python2.3/site-packages/trac/web/clearsilver.py", line 135, in __init__
    raise TracError, "ClearSilver not installed (%s)" % e
TracError: ClearSilver not installed (No module named neo_cgi)

ClearSilver(テンプレートエンジン)バインディングが存在しない旨のエラーっぽい。ClearSilverをインストールする。

$ cd /usr/local/src/
$ wget http://www.clearsilver.net/downloads/clearsilver-0.10.5.tar.gz
$ tar xvfz clearsilver-0.10.5.tar.gz
$ cd clearsilver-0.10.5
$ ./configure --disable-java
$ make
$ su -
# make install

無事tracの画面が表示された。

参考サイト: * 【特集】使ってる? Issue Tracking - trac 楽々ことはじめ | エンタープライズ | マイコミジャーナル * 2007-09-22 - カサヒラボ * RHEL4にTracインストール - Lazy Technology

vpopmail環境でezmlm-idxのメーリングリストを作成するコマンド

普段はqmailadminで作るんだけど、作成する数が多い時や自動化する際にやっぱりコマンドラインを使いたい。というわけで。

# 環境に応じて書き換え
mlname="hogehoge"
dir="/home/vpopmail/domains/example.com/"
owner="root@example.com"
domain="example.com"

# メーリングリストを作成
/usr/local/bin/ezmlm/ezmlm-make \
 -fgPRA \
 -5 ${owner} \
 ${dir}${mlname} \
 ${dir}.qmail-$mlname \
 ${mlname} \
 ${domain}

# プリフィックスを設定
echo "[${mlname} #]" > ${dir}${mlname}/prefix

オプション(-fgPRA)はそれぞれ下記の意味。

  • -f prefixをつける
  • -g アーカイブの取り出しを制限する
  • -P MLを公開しない
  • -R 遠隔管理させない(デフォルトなので指定しなくてもいい)
  • -A アーカイブを保存しない

今回は同報メールのような使い方なので上記設定。

参考

同じく、メーリングリストにユーザを追加するコマンド。

/usr/local/bin/ezmlm/ezmlm-sub /home/vpopmail/domains/example.com/hogehoge/ hogehoge@example.com

ユーザを削除するコマンド。

/usr/local/bin/ezmlm/ezmlm-unsub /home/vpopmail/domains/example.com/hogehoge/ hogehoge@example.com

名前:宮内 はじめ

Code for Nagoya名誉代表

E2D3名古屋支部長

プログラマーです。GISやデータビズが好きです。このサイトは宮内の個人的なメモです。

プロフィール

お問い合わせ