FLOSS桜山 第24回 Ruby on Rails環境構築

投稿日: 2009年04月09月

昨日のFLOSS桜山 第24回で発表した、「Ruby on Rails環境構築」のプレゼン資料を公開します。

http://www.mylab.jp/diary/images/20090409_0.pdf

CentOS上にRails + Pound + Mongrel + Mongrel Clusterな環境を構築するという内容です。

「Mongrel Clusterを使用するのは負荷分散のため?」と聞かれたので「可用性のためです」と答えたんですが、その後「マルチコア構成であれば負荷分散になるのでは?」と言われて、なるほどそれはあるかもと思いました。


この記事へのコメント

※ このコメントは旧ブログシステム(tDiary)からの移行です。

niwasawaさんからのコメント(2009-04-11 19:48:53)

お知らせありがとうございます。わたしのブログからリンクを張らせてもらいましたー。

hajimeさんからのコメント(2009-04-13 16:09:19)

ありがとうございます!

名前:宮内 はじめ

Code for Nagoya名誉代表

E2D3名古屋支部長

プログラマーです。GISやデータビズが好きです。このサイトは宮内の個人的なメモです。

プロフィール

お問い合わせ