coLinux 0.6.4インストール / coLinux 0.6.4インストール(2) OSの環境を整えて、Apache 2.0.59のインストール / SVK - Subversionのリポジトリをローカルにミラーする / coLinux 0.6.4インストール(3) PostgreSQL 8.1.4のインストール

投稿日: 2006年11月05月

coLinux 0.6.4インストール

デフォルトのC:\Program Files\coLinuxにインストール。

Debian GNU/Linuxのディスクイメージ(Debian-3.0r2.ext3-mit-backports.1gb.bz2)を解凍。Cygwinのddコマンドで128MBのスワップイメージのファイルを作成。

dd if=/dev/zero of=swap_device bs=1M count=128

default.colinux.xmlをcolinux.xmlにコピーして編集。memoryのsizeとblock_deviceのpathを変更して起動。

colinux-daemon.exe -t nt -c colinux.xml

サービスとして起動する場合

colinux-daemon.exe --install-service colinux -c colinux.xml

ネットワークはTAPを使用してNAT構成(XPのインターネット接続の共有)で使用する。DNSはTAPを使用する場合、TAPに割り当てたIPを/etc/resolv.confに設定すればいい。

echo "nameserver 192.168.0.1" > /etc/resolv.conf

参考サイト

追記:インストールを進めていったら空き容量がなくなった。後でコピーすることになったが、時間がかかるので最初に作業しておくべきだった。以下作業手順。

新しいディスクイメージ(4GB)の作成。

dd if=/dev/zero of=4gb.img bs=1M count=4096

colinux.xmlに新しいディスクイメージの指定。及び起動引数にsinlgeを指定。

<block_device index="2" path="\DosDevices\c:\colinux\4gb.img" enabled="true" />
<bootparams>root=/dev/cobd0 single</bootparams>

ファイルシステムの作成。

mkfs.ext3 /dev/cobd2

マウント。

mount /dev/cobd2 /mnt

ディスクのコピー

cp -a bin cdrom etc home lib sbin usr boot dev floppy \
      initrd lost+found opt root tmp var /mnt/
mkdir /mnt/mnt
mkdir /mnt/proc
cd /mnt/etc
mv mtab mtab.disable

colinux.xmlを編集して再起動。

参考サイト

coLinuxのメモ - coLinuxのインストール (その8)

coLinux 0.6.4インストール(2) OSの環境を整えて、Apache 2.0.59のインストール

Debian GNU/Linuxの設定。

ソースのビルドは時間がかかる為、その間に環境を設定するとよい。 そのためまずはビルド環境の構築を優先する方針で。

パッケージの更新。

apt-get update
apt-get upgrade

端末からの操作用にsshをインストール。

apt-get install ssh

Apacheのソースビルドに必要なパッケージ。wgetはソース取得用。build-essentialをインストールすることで最低限コンパイルに必要なもの(e.g. gcc/make …)は一通り揃う。

apt-get install wget
apt-get install build-essential
apt-get install libssl-dev

wgetでApacheのソースを取得して、ビルドを開始する。その間に別のソースを取得したり、環境を構築したり。Apacheのビルドオプション等は Express5800/110Ga-Cのセットアップ - PC関係のメモ (2006-08-05)と同様。

httpd.confの設定は後で行う。

開発環境や言語設定等を整える。

apt-get install locales vim emacs21 mule-ucs screen samba swat

swatは/etc/inetd.confを編集して/etc/init.d/inetd restartする必要あり。

ロケールはja_JP.UTF-8を選択。タイムゾーンも設定しておく。

tzconfig

SVK - Subversionのリポジトリをローカルにミラーする

colinux with SVK: blog.bulknews.net

これやりたいのでメモ。

coLinux 0.6.4インストール(3) PostgreSQL 8.1.4のインストール

PostgreSQL 8.1.4のインストール。

まずはライブラリ等のインストール。

apt-get install zlib1g-dev libreadline5-dev

コンパイル、インストール

./configure
make
make install

自動起動の設定。

cp contrib/start-scripts/linux /etc/init.d/postgres
chmod 755 /etc/init.d/postgres
update-rc.d postgres defaults

データ領域は/var/pgsql/dataに作るため、起動スクリプトを書き換える

PGDATA="/usr/local/pgsql/data"
           ↓
PGDATA="/var/pgsql/data"

ユーザの追加(既にpostgresユーザが存在する場合は必要なし)

groupadd -g 70 postgres
useradd -u 70 -g postgres -d /var/pgsql postgres

データ領域の作成。initdbの-Eオプション((-createdb/create database でエンコーディングを省略した場合に設定されるエンコーディング。-))でUNICODEを指定。–no-localeは指定しないと日本語のソート等で問題が発生するため必須。

mkdir /var/pgsql
chown postgres /var/pgsql
su - postgres
mkdir -p /var/pgsql/data
/usr/local/pgsql/bin/initdb -D /var/pgsql/data -E UNICODE --no-locale

..bash_profileで環境変数の初期化処理

export PATH="$PATH":/usr/local/pgsql/bin
export POSTGRES_HOME=/usr/local/pgsql
export PGLIB=$POSTGRES_HOME/lib
export PGDATA=/var/pgsql/data
export MANPATH="$MANPATH":$POSTGRES_HOME/man
export LD_LIBRARY_PATH="$LD_LIBRARY_PATH":"$PGLIB"

最後に確認。rootで/etc/init.d/postgres startして、下記コマンドで起動およびエンコーディングを確認。

postgres@colinux:~$ psql -l
        List of databases
   Name    |  Owner   | Encoding
-----------+----------+----------
 postgres  | postgres | UTF8
 template0 | postgres | UTF8
 template1 | postgres | UTF8
(3 rows)

参考記事

coLinux 0.6.4インストール(4) PHP 5.2.0のインストール

apt-get install flex libxml2-dev libbz2-dev


./configure  \
--with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs \
--enable-mbstring \
--enable-zend-multibyte \
--with-zlib \
--enable-pcntl \
--enable-exif \
--with-pgsql
--with-bz2
make
make install

MySQLがインストールされている場合は、以下のオプションも追加する。

--with-mysql

php.iniをコピー

cp php.ini-dist /usr/local/lib/php.ini

PEARの準備。php.iniの編集

extension_dir = ".;/usr/local/lib/php"

なぜだかPEAR DBがインストールされていなかったので個別にインストール

pear install DB

coLinux 0.6.4インストール(5) Subversionのインストール

coLinux 0.6.4インストール(5) Apacheの設定

Apacheの実行ユーザ/グループを作成

groupadd -g 80 httpd
useradd -g httpd -u 80 httpd -d /var/www
passwd httpd

ディレクトリを用意

mkdir -p /var/www/htdocs
chown -R httpd.httpd /var/www
mkdir /var/log/httpd
chown httpd.httpd /var/log/httpd
mkdir /var/lock/httpd
chown httpd.httpd /var/lock/httpd

httpd.confを編集。外部に公開するわけではないので最低限の設定。

User httpd
Group httpd


DocumentRoot "/var/www/htdocs"
ErrorLog /var/log/httpd/error_log
CustomLog /var/log/httpd/access_log combined


<Directory "/var/www/htdocs">
...
AllowOverride All
...
</Directory>

名前:宮内 はじめ

Code for Nagoya名誉代表

E2D3名古屋支部長

プログラマーです。GISやデータビズが好きです。このサイトは宮内の個人的なメモです。

プロフィール

お問い合わせ